So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「ハムレット」ステージサイドシート [國村隼様]

  「ハムレット」。初日を観てから、心から消えず、頭から離れない日々でした。そして、どうにかしてあのステージサイドシートで観てみたいという欲求を抑えられず、無理矢理、昨日のソワレに行ってきました。
 予めステージサイドシートは8列あるのですが、残席は最後列のみ。でも、まあいいや、と思い、駆けつけました。
 初日は斜めから観ていた舞台を真横から観る形になるのですが、これが予想通り、いや、予想以上の美味しい場所でした。
 ステージサイドシートは下手側に設置されているのですが、、クローディアスと亡霊の引っ込みがほとんど下手なので國村さんはこちらに引っ込んでいらっしゃると私のすぐ側の衝立の裏を通られるときには足音や息づかいさえ聞こえる、そして上手に立つているときは下手を向くことがとても多いのです。こっちを見ている…と勝手に舞い上がっていました。
 初日には気がつかなかったのですが、前半の終了の間際には上手の役者さんの待機場所と下手のステージサイドシートだけに明かりがあたり、お互いが対峙する形になるのです。役者たちが闇の中に浮き上がる姿は本当に美しくて、吸い込まれるようでした。
 初日はまだちょっと台詞を完全には自分のものにしていない感じがした内野ハムレットでしたが、昨夜は、かなりこなれて客席を魅了していました。でも、やはり、私はクローディアスさま・亡霊を見つめていたのですがね。國村さんも初日とはまた違う動きをされていましたね。
 この舞台で初日でも感じたことですが、昨夜、観てはっきりわかったのはクローディアスという人物の解釈が今までと異なる大きな点があったことです。それはまあ、まだ、公演の前半でこれからご覧になる方もいらっしゃるのでここでは敢えて書きません。このことは一緒に観た人と話してみたいです。歌舞伎や能といった日本の古典でもその時の演出や演者によって 様々な解釈が見られるますが、「ハムレット」もそういうものなのですね。だから、何度もそして世界中で上演され続けられる戯曲なのでしょう。
 今回の「ハムレット」も公演が進むつれてまたまたどんどん面白くなっていくのではないでしょうか。

 とにかくまた熱病にかかっている私です。これは当分続くのです、嬉しいことに(笑)


「ハムレット」初日 [國村隼様]

 2日間のプレビュー公演を終えた、いよいよ本日、初日を迎えた「ハムレット」。
 舞台上の下手サイドにも客席を設けた舞台は本当にシンプルで、装置らしいものは一切なし。國村さん演じる先王の亡霊の登場の仕方を観て、ああ、この演出は能や歌舞伎などに日本の古典をかなり意識したものなんだと思いました。
 私の席は下手寄りの最前列だったので國村さんのクローディアスや亡霊がすぐ目の前に立たれたり、引っ込んだりするので、本当にベストポジションでした。おまけに上手の袖に据えられた椅子でスタンバイする(これも演出のひとつ)役者さんたちもしっかり観ることができて、また、役者さんたちの台詞も完璧でテンポも良く、3時間20分の上演時間も全く退屈することなくあっと言う間でした。
 國村さんのクローディアスは饒舌で狡猾な悪党ながら魅力と色気をたたえ、亡霊は、高貴さと威厳を持って演じていらっしゃいました。せっかく内野さんのハムレットが熱演をされているのに、ついつい國村さんを見つめてしまってしまうのですが、まあ、仕方ありません(笑)

 カーテンコールでは演出のジョン・ケアードさんを内野さんが舞台に呼ばれて、スタンディングオーベーションで大いに盛り上がりました。芝居の中では厳しい表情だった國村さんもカーテンコールではいつもの優しくそしてちょっとお茶目な飛びっきり笑顔を見せてくれました。

ハムレットパンフ.jpg



 これから約2ヶ月は、私の生活の一部に「ハムレット」がなるのです。 


あと2日で始まります [國村隼様]

 ついつい買ってしまった「シン・ゴジラ」のBD。劇場でも3回(私は基本的にゴジラ好き)観て、ゴジラは大きなスクリーンでないと、とか言っていたのに…やはり國村さんの財前統合幕僚長のお姿や、無人在来線爆弾の詳細を観たいばかりに…。BDの便利なところは劇場だけではわからなかったところを停止や巻き戻しをして観られるところです。
 夕張映画祭で國村さんが、「シン・ゴジラ」のことで、庵野監督から役者は台詞を早口ではっきりしゃっべってくれ、という注文があったと話していらっしゃいました。役者全員がそうするとそれだけでかなり巻けるそうです。緊迫感も出るし。
 「シン・ゴジラ」のBDの特典映像もかなり楽しめました。特にNG集のラストは國村さんです。なんとあの有名になった「礼はいりません。仕事ですから」をに忘れるという…ご本人が爆笑していました。

  いよいよあと2日でプレビユー公演を迎える「ハムレット」。國村さん、クローディアスと亡霊の二役の台詞だけでもたいへんですよね。私の「ハムレット」浸る二ヶ月が始まります。
 今日は、これから「HR」を観て「ハムレット」の予習でもしようかな(笑)

 


バックステージツアー [國村隼様]

ちょっとしたきっかけがあって東京芸術劇場プレイハウスのバックステージツアーに参加してきました。
 1時間半に渡って舞台上で盆回しや吊り道具の上げ下ろし、照明の明かりの作り方や操作、音響の出し方などを体験でき、お話しもうかがうことができ、楽屋から大道具の搬入口も見せてもらうことができました。
 主役級の方たちの楽屋って舞台のすぐ裏にあることがわかりましたし、実際に中にも入ることができ、おまけに写真もOK。
 最後はせり上がりで舞台に上がり、プレイハウスの舞台から客席を眺めるというのはなかなか得難い体験でした。

バックステージツアー.jpg


 
 「ハムレット」公式サイトでは稽古場からの内野さんや國村さんのインタビュー動画もアップされてきましたが、この舞台を実際に使っての稽古ももうすぐ始まるそうです。
https://www.hamlet-stage.com/UserPage/Detail/8


どっぷり浸って [國村隼様]

 この土日に放映された「そして誰もいなくなった」はとても面白かったです。原作を読んでいて、結末を知っていてもあれだけ楽しめれば満足です。まあ、ファンとしてはかなり最後の方まで國村さんが登場していてくれたのが面白かったと思っている一端ですが。ドラマの中の細かいシーンを取り上げたら、あれ?と思うところがなかったわけではありませんが、今回は渡瀬さんの遺作でもあり、また役の設定があの判事の役というので、特に最後の告白のシーンは引き込まれて見ていました。テロップで撮影期間が昨年の12月20日から2月12日と出ましたが、前日のワイドショーで渡瀬さんのクランクアップのシーンを放映していましたが、それがあの告白のシーンでした。2月12日だったそうですから、本当にラストシーンだったのですね。
 
 原作では殺されていく者たちの過去の行為のほとんどが己の欲望と迂闊さからなされたものだったのに比べて、今回のドラマの中で判事に殺されていく人々の過去の行為はちょっと違っていましたね。それが判事に殺されるほどのことだったのかと。判事の正義の鉄槌を下すという欲望の餌食になってしまった人々は皆、死を前にしてその過去を悔いていました。
 國村さんの元刑事の久間部さんもDVの夫からその妻を守るために、虚偽の証言をし、刑事を辞職しています。しかし、純粋に守るためだけではなくその妻に惚れていたのでしょうね。久間部さんの回想シーンそれをとても感じましたが、ああいうシーンに國村さんの色気が出るので見ている方にもよく伝わります。

 日曜には「釣りびと万歳」もありました。「春のお目覚めスズキ」を狙いにいったのですが、またまた釣れないというお気の毒なことに。どうも釣り番組ではあまり釣れないという結果が多いようで。延べ13時間、300投近くも投げたのにもかかわらず 今回の釣果はボラとメバル。國村さんの「メバルちゃん」という言い方があまりにも可愛らしくて…。
 そんな國村さんのお言葉は「あきらめない心」。私もこの言葉を胸に日々を頑張っていきたいと思います(笑)


危なく古紙回行き [國村隼様]

 今日、友人から「そして誰もいなくなった」の宣伝ってすごいね、と言われて、何が?と。聞いたら3月20日の新聞の折り込みチラシに「そして誰もいなくなった」の招待状というハガキが入っていたと。ちなみに友人が取っている新聞は読賣新聞。で、帰宅してからあせって3月20日の新聞(うちは朝日新聞)の折り込みチラシを探したら入ってました。危うく古紙回収に出すところでした。
 本当にハガキの大きさだ。
そして誰もいなくなった2.jpg
そして誰もいなくなった1.jpg
放映まであと2日。

「ハムレット」関連のインタビュー記事など [國村隼様]

 初日まであと2週間ちょっとになった「ハムレット」。東京芸術劇場に巨大なバナーもあがったようで、今週の金曜日に三谷さんのお芝居を観に行く予定なのでしっかりと確認をしてきます。その3月24日(金)に発売される『AERA English』2017Spring&Summer号に國村さんのインタビューが掲載されます。

 下記のサイトに1月24日に新宿シネマートで行われた「哭声」のプレミア上映会の模様の動画がアップされています。今のところ前編だけですが、近々、後編もアップされる予定だそうです。
 http://www.tokyoborderless.tv/?cid=5876

 KNTVでは3月18日に昨年の8月に國村さんが出演した「無限に挑戦」の前編が放映されました。國村さんが主に出演される後編は3月25日の放映です。このバラエティ、すでにネット動画で見ていたのですが、やはり「哭声」を観てからだとそのパロディさ加減がよくわかって一層楽しめますね。國村さんも真面目に遊んでいるし(笑)

「哭声」…「そして誰もいなくなった」…「釣りびと万歳」…そして「ハムレット」、なんとも目が回りそうです。今週末はたいへんだ~


タグ:國村隼

「釣りびと万歳」 [國村隼様]

 3月26日(日)午後5時30分~6時NHKBSプレミアム「釣りびと万歳」にご出演ですよ。
「海と川の両方で狙え!春のお目覚めスズキ 岡山・倉敷」
http://www4.nhk.or.jp/angler/x/2017-03-26/10/4416/2452074/
 
 お忙しい中、いったい、いついらしたのかしら(笑)
 


「そして誰もいなくなった」 [國村隼様]

予告篇できていたんですね。放映日は3月25日(土)、26日(日)2夜連続。

タグ:國村隼

本日発売の『プラスアクト』 [國村隼様]

 今日発売の「プラスアクト」に國村さんのインタビューが掲載されているのですが、これが本当に垂涎ものです。
 「ハムレット」の関連でのインタビューなので、今まであまり話されていなかった「舞台」のことをたくさん話していらっしゃいます。アンソニー・ホプキンスがお好きなわけもわかりましたし、井上ひさしさんの「十一匹のねこ」に出たこともはなされていますね。聞き手の方もよく分かってインタビューしていてとてもいい内容。先日のゆうばり映画祭の時も感じましたが、聞き手の方がきちんと準備(勉強)してきていると当たり前ですが、いいインタビュー内容になります。
https://www.wani.co.jp/act/

 今月の「プラスアクト」は「バイプレーヤーズ」特集の後編も載っていて、大杉蓮さん、遠藤憲一さん、そして光石研さんのインタビューもあって、なんだかとっても特をした気分です。

 それとこれはファン友さんから教えていただきましたが、現在発売中の『MADURO』 4月号にも國村さんが載っています。中高年おやじ雑誌(笑)
https://www.wani.co.jp/act/

 今日は「哭声」の初日なのに仕事が入ってしまい駆けつけられなくて残念だったのですが…どこに居ても國村さんのことは応援しています!


前の10件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ