So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

危なく古紙回行き [國村隼様]

 今日、友人から「そして誰もいなくなった」の宣伝ってすごいね、と言われて、何が?と。聞いたら3月20日の新聞の折り込みチラシに「そして誰もいなくなった」の招待状というハガキが入っていたと。ちなみに友人が取っている新聞は読賣新聞。で、帰宅してからあせって3月20日の新聞(うちは朝日新聞)の折り込みチラシを探したら入ってました。危うく古紙回収に出すところでした。
 本当にハガキの大きさだ。
そして誰もいなくなった2.jpg
そして誰もいなくなった1.jpg
放映まであと2日。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ハムレット」関連のインタビュー記事など [國村隼様]

 初日まであと2週間ちょっとになった「ハムレット」。東京芸術劇場に巨大なバナーもあがったようで、今週の金曜日に三谷さんのお芝居を観に行く予定なのでしっかりと確認をしてきます。その3月24日(金)に発売される『AERA English』2017Spring&Summer号に國村さんのインタビューが掲載されます。

 下記のサイトに1月24日に新宿シネマートで行われた「哭声」のプレミア上映会の模様の動画がアップされています。今のところ前編だけですが、近々、後編もアップされる予定だそうです。
 http://www.tokyoborderless.tv/?cid=5876

 KNTVでは3月18日に昨年の8月に國村さんが出演した「無限に挑戦」の前編が放映されました。國村さんが主に出演される後編は3月25日の放映です。このバラエティ、すでにネット動画で見ていたのですが、やはり「哭声」を観てからだとそのパロディさ加減がよくわかって一層楽しめますね。國村さんも真面目に遊んでいるし(笑)

「哭声」…「そして誰もいなくなった」…「釣りびと万歳」…そして「ハムレット」、なんとも目が回りそうです。今週末はたいへんだ~


タグ:國村隼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「釣りびと万歳」 [國村隼様]

 3月26日(日)午後5時30分~6時NHKBSプレミアム「釣りびと万歳」にご出演ですよ。
「海と川の両方で狙え!春のお目覚めスズキ 岡山・倉敷」
http://www4.nhk.or.jp/angler/x/2017-03-26/10/4416/2452074/
 
 お忙しい中、いったい、いついらしたのかしら(笑)
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「そして誰もいなくなった」 [國村隼様]

予告篇できていたんですね。放映日は3月25日(土)、26日(日)2夜連続。

タグ:國村隼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

本日発売の『プラスアクト』 [國村隼様]

 今日発売の「プラスアクト」に國村さんのインタビューが掲載されているのですが、これが本当に垂涎ものです。
 「ハムレット」の関連でのインタビューなので、今まであまり話されていなかった「舞台」のことをたくさん話していらっしゃいます。アンソニー・ホプキンスがお好きなわけもわかりましたし、井上ひさしさんの「十一匹のねこ」に出たこともはなされていますね。聞き手の方もよく分かってインタビューしていてとてもいい内容。先日のゆうばり映画祭の時も感じましたが、聞き手の方がきちんと準備(勉強)してきていると当たり前ですが、いいインタビュー内容になります。
https://www.wani.co.jp/act/

 今月の「プラスアクト」は「バイプレーヤーズ」特集の後編も載っていて、大杉蓮さん、遠藤憲一さん、そして光石研さんのインタビューもあって、なんだかとっても特をした気分です。

 それとこれはファン友さんから教えていただきましたが、現在発売中の『MADURO』 4月号にも國村さんが載っています。中高年おやじ雑誌(笑)
https://www.wani.co.jp/act/

 今日は「哭声」の初日なのに仕事が入ってしまい駆けつけられなくて残念だったのですが…どこに居ても國村さんのことは応援しています!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

いよいよ明日公開「哭声/コクソン」 [國村隼様]

 いよいよ明日、「哭声/コクソン」が公開です。
 今日の読賣新聞夕刊には大きな広告、中にも國村さんとナ・ホンジン監督のインタビューが掲載されています。
 Webでも國村さんへのロングインタビューがいくつかのサイトであがっています。
「『哭声/コクソン』の過酷な現場でも意識した「お客さん」の存在」https://spice.eplus.jp/articles/108502
國村隼インタビュー「この作品は自分の中でも特別な1本」
http://top.tsite.jp/news/cinema/i/34736220/?sc_cid=tcore_a99_n_adot_share_tw_34736220

 この映画は「予告」だけを観てもその実態はわかりません。インタビューや記事を読んだだけでもわかりません。他人の話を聞いてもわからない。そして1度観てもちょっとわからなくて、2度観て少しわかった気になっても、また違う面が出てきたりする本当に多面的で一筋縄でいかないものです。
 國村さんも本当に多忙な中、この映画のプロモーションに多くの時間を費やしてきたのですから、ぜひ、多くの人たちに観てもらいたいですね。
 「映画」は観るものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バラエティのゲスト [國村隼様]

 今夜オンエアの日本テレビ「ザ・世界仰天ニュース」にゲスト出演されます。鶴瓶さんと中居さんがMCです。
http://www.ntv.co.jp/gyoten/

 これで3日連続でのバラエティ系番組へのご登場。
 「昭和偉人伝」ともろ重なりなんだけど、こちらは「古賀政男&服部良一 2時間バージョン」です。
http://www.bs-asahi.co.jp/ijinden/
タグ:國村隼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

本日発売の『週刊朝日』 [國村隼様]

 今日発売の『週刊朝日』3/17号に國村さんのインタビュー記事が出ています。
「Key person 目キキ&耳キキ」のコーナーです。
 確か6年程前にもこのコーナーで取り上げられていました。
 もちろん「哭声」関連でのインタビューですが、ちょっと興味深いお話しをされています。

 今夜はゲスト出演された「チマタの噺」 のオンエアの日でもあります。
http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/

そして國村さんはゆうばり国際ファンタスティック映画祭でのゆうばりファンタランド大賞で会期中に市民や一般客に一番支持された方に贈られる人物賞にも輝きました。支持されてましたものね〜。おめでとうございます。
https://news.nifty.com/article/entame/movie/12222-102728/


タグ:國村隼 哭声
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「國村隼祭」に行ってきました [國村隼様]

  3月2日から夕張市で開催されているゆうばり国際ファンタスティック映画祭で3月4日と3月5日に國村さんの出演作品2本とトークイベントがあるというので、思い切って行ってきました。
 
 3月4日は昼過ぎに夕張に到着したのですが、「KOKORO」の上映19時30分まで暇を持て余してしまうかと思っていたら、地元の方が「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地などに車で案内をしてくださったり、コーヒー(高倉健さんが札幌で気に入っていた珈琲豆のお店の)をごちそうになったりで、時は瞬く間に過ぎました。
 
 19時30分からは日本での公開が未定の「KOKORO」の上映。上映前に、司会のフジテレビの笠井アナウンサーがさかんに「この2日間は國村隼祭です」とおっしゃったいましたが、まさにその通り。
 上映後にバンニャ・ナルカンダラ監督と國村さんがご登壇されました。監督になぜ國村さんをキャスティングしたのかという質問に「この元警察官のダイスケという人物の持つ暗の部分と明の部分を違和感なく表現してくれる俳優さんだと思ったし、國村さん自身が持つ静の部分と笑うと子供のようになる部分にとても魅力を感じたから」と話されていました。
 國村さんのセリフはほとんどが英語でしたが、相手のイザベル・カレさんと静かなそして「心」に沁みるような姿を見せてくださいました。
 國村さんが「KOKORO」と「哭声」は真逆の作品だが、「人が生きる」ということを表現している、と話されていたのが印象的でした。とても素敵な作品ですので、早く、日本での公開が決まるといいのですが。
 
 それから21時40分から國村さんのトークイベント。この様子は、下記のシネマトゥデイにすでに掲載されていますので、そちらを見てください。ただ、もちろんこれは全部ではありませんし、場内は國村さんと笠井アナの軽妙なやりとりで終始、笑いに包まれていました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0090055
 さてこれに載ってないことで「國村隼さんに関するクイズ」というのがありました。
以下の質問です。
・有村架純さん
・小松奈々さん
・平愛梨さん
 「國村さんにとってこの3人の女優さんに共通することはなんでしょう?」
 ファンなら簡単。でも誰も手を挙げる気配がなかったので、一応、一番前にいたこともあり、手を挙げて答えておきました。國村さんが壇上から「なんやまたおるな」という笑顔で見ていましたが…そこから、國村隼さんの語る「キスシーンの現場」トークになりました。アモーレ長友の恋人の平さんとのシーンはNGが何回か出てしまったそうです。その原因がキスされる立場の國村さんに監督から「迎えにいかないでください」というダメ出しだったと。
 そんなこんなで國村隼さんトークは予定時間を大幅に超えて終了しのは23時近く。ああ、夕張にホテルが取れて本当に良かったです。

 3月5日は11時30分から「哭声」の上映です。会場内で並んでいるときに偶然、國村さんが側を通られ、お声をおかけしたら気づいてくださいました。
 上映後にナ・ホンジン監督と國村さんがご登壇されて、今度は、場内からの質問に答えるという形式で行われました。その様子も以下にアップされていますのでそちらを見てください。
http://eiga.com/news/20170305/16/

 そしてすべてのセッションが終了し、会場となっていた場所では閉会式のセレモニーが開かれていましたが…

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

またJ-WAVEと雑誌 [國村隼様]

 明日3月4日(土)の朝、J-WAVEの番組ラジオドーナツの中の10時10分〜10時40分に國村さんがご出演です。
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/
 私は空の上なので聴けません…

 それから雑誌は3月11日発売の「プラスアクト」に「ハムレット」関連で記事が載ります。

 明日からゆうばり国際ファンタスティック映画祭に参戦してきます。映画祭のご報告は後日また。


タグ:國村隼
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ