So-net無料ブログ作成
検索選択
テレビ ブログトップ

WOWOWマークスの山を見て [テレビ]

 17日からWOWOWで始まったドラマW「マークスの山」。録画していたのを見たのだが、やはり面白かった。以前中井貴一さんで映画化もされているが、それは見ていないので、今回、新鮮にみることができた。
 高村薫さんの原作の「捜査七係シリーズ」なので、主役の刑事が合田雄一郎。國村さんも出演した映画「レディ・ジョーカー」では徳重聡さんが演じていた。この刑事の特徴はいつもスニーカーというかズックを履いていること。一説によると合田は常に警察等の上層部と対立しながら事件を捜査していくので、そのことの象徴、刑事は足で捜査、ということを表現したいというのが高村さんの意図らしい。で、今回、見ていて、そうかと思ったのは、2002年にNHKのハイビジョンで放映され、現在は、NHKオンデマンドで配信されている「強行犯捜査七係」。渡辺謙さんの役名が神山紘一郎となっていたので気がつかなかっただが、このドラマも捜査七係を大阪府警に置き換えてものだったのだ。確かに神山刑事もスニーカーを履いていたし、捜査七係で情報をいろいろ入れてくれるマル暴第4係の吉原刑事は、強行犯では第4課の吉岡刑事(これをNHKでは國村さんが演じていた)とし出てくるという共通項があった。原作が面白いから、設定をいろいろ変えても密度の濃い人間ドラマになるのでしょう。
 今回のWOWOWの監督は、水谷俊之さんと鈴木浩介さん。水谷監督は國村さんとは「人間椅子」、「新極道伝説 三匹の竜」「震度0」で一緒に仕事をしているし、鈴木浩介さんは、「空飛ぶタイヤ」の監督。
 と、こう考えると國村さんが出ていてもおかしくないんだけどなあ。
 そろそろまたWOWOWドラマにご出演なさらないかなあ。
 ともかく「マークスの山」の次回も楽しみ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

直美さんのドラマ [テレビ]

 藤山直美さんが民放で初主演の2時間ドラマが8月14日に放映されるそうだ。共演は、鈴木京香さん、岸部一徳さん、佐川満男さん、高知東生さんなど。すごく面白そうなんだけど、このメンバーの中に國村さんがいないのがちとさびしい。

「夏子と天才詐欺師たち」http://www.asahi.co.jp/natsuko/


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHKオンデマンド行末は? [テレビ]

 昨年末、朝日新聞にメディア衆論という特集が載っていてた。その中で、始めて1年になるNHKのオンデマンドの収入が見込みより1けた少ない2億1千万で赤字だったとの記事。どうもNHKはだいぶショックだったようで、ギャーギャー騒いでいるようだが、そんなの当たり前じゃないかと私なんかは思う。

 だって、オンデマンドは有料で配信するサービスだが、コンテンツにまるで魅力がない。見逃したテレビをまた見られるというものだが、どれがオンデマンドで見られるのか、わかりずらいし、やたらと再放送しているものや、すでにDVD等で出ているもののを有料でインターネット配信したってそうは見ません。コンテンツさえ充実すれば、多少、会費等が高くても需要は伸びると思うのだが。

 今日、たまたま行ったある映画の試写会で配られていたアンケートは、「Gyao!」のことについててだったが、「Gyao!」とか「第2日本テレビ」などのインターネット動画サイトは無料。収入は、すべて広告から。「第2日本テレビ」は昨年の10月には単月黒字になったらしいが、そこにいたるまでは、コンテンツ作りに試行錯誤をして、5年かかっている。NHKは1年ぐらいで「赤字」だと騒ぎすぎ、とこの「第2日本テレビ」の編集長の方も話していた。

 NHKの番組は豊富のなのだから、古いドラマなどもアーカイブスで抱え込んでいないで、会費制にしてネット配信をすればよいのだ。アーカイブス保存番組は検索できるが、検索ができたって見られなければ意味はない。持っているけど、見せないよー、と言われている感じがして、頭にくるのだ。著作権のことがネックになっているようだが、映画がダウンロードできる時代、テレビドラマがだめ、というのは少しおかしいと思う。

 それと各NHKの公開ライブラリーもへんな時間制限なんかつけずに、1時間100円でもいいから、有料にして、見たいだけ見せればいいのだ。1時間でいい人もいるだろうし、3時間、4時間見たい人もいる。

 映像でも、絵でもそれは多くの人の目に触れてこそ価値があると思うのだがいかがなものでしょうか。

 まあ、私は、昔の國村さんのドラマをたっぷり持っているNHKに早く供出して欲しいと思っているからなんだけどね。

 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

新ドラマ [テレビ]

 昨日、うちにケーブルテレビの情報誌が届いていた。
 昨日は、大事な花の金曜日だったのでそんなものを見る余裕はなし。で、今日、それをパラパラとめくっていると面白そうなドラマがあった。
 11月18日から始まる「ニュース速報は流れた」。
 舞台は、テレビ局報道センター。そこの報道局フロアで起こった事件…。深夜発生時から翌朝までの8時間を描く。サスペンスドラマ。うーん、24か?
 出演は、新人ADの成宮寛貴さん。報道センタートップに小林薫さん。ディレクターに豊原功補さん。他に萩原聖人さん、ARATAさんと魅力たっぷり。
 ところがこのドラマが放送される局が、フジ系のCSフジテレビNEXT。私は、ONEとTWOは視聴できるけどNEXTはだめ。ただ、第1回だけはONEとTWOでもやるらしいが、第1回見たら、次が見たくなるじゃないか。なんたること。たださえ、現在、飽和状態のオプションチャンネル契約。頭が痛い…

 小林薫さんといえば、関西ではすでに第3回の放映が終わった「深夜食堂」。関東地方は、周回遅れなので、水曜日に第2回「猫まんま」が放映されました。
 私、子供の頃から猫まんま、好きです。そう、カツ節を温かいご飯にのせて、お醤油をかける。今でも時々やるなあ。関西では、猫まんまは、おみおつけをかけることなんですか。
 このドラマの挿入歌の鈴木常吉さんの「思ひ出」が心にしみます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

思い出にひたって買ってしまった [テレビ]

 先日、一緒に飲んでいた友だちとは旧いつきあい。好きな俳優さんも結構共通していたので、二人で昔の俳優さんのことを思い出していました。
 
 岸田森さんと草野大悟さん。
 二人とも個性的な方で、声も素敵でした。特に岸田森さんは、「傷だらけの天使」や「探偵物語」でもいい味を出して魅力的でした。
 草野さんは、舞台が主でしたが、たまに映画やテレビに出ると、目立っていました。舞台では、本当に格好が良かった。
 お二人が一緒に出ていた岡本喜八監督の「ダイナマイトどんどん」なんていう映画は、また、観たい。ヤクザ同士が喧嘩の代わりに野球をする喜劇。私好みの方々が多数出ていて、岸田森さんは、新興ヤクザの若頭で、ピンクのスーツを着て笑わせてくれていました。
 
 残念ながら、お二人とも早くに亡くなってしまって、ちょっと調べたら岸田森さんは、43歳。草野さんは、51歳。早すぎるわぁ。
 
 そんなことを考えていたらむらむらと欲しくなってしまったDVD。「怪奇大作戦」。特典映像付。円谷プロの傑作。
怪奇大作戦.jpg
 昭和43年のテレビなので、さすがにリアルタイムでは観ていなのだけど、後年、ビデオを借りて観てすっかりはまりました。今は、欠番になっている第24話もその頃は観ることができました。結構、衝撃的でしたが。もちろん、今回のDVD版にも入っていません。放送当時は、怪獣も出てこないし、内容も、子供には向かなかったのでしょう。今の方が評価されてますからね。
 岸田森さんが繊細な感じでとっても素敵なのさ。
 

タグ:怪奇大作戦
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

刑事一代 平塚八兵衛 続き [テレビ]

 昨日、第2部が終わりました。ほとんどの時間が、「吉展ちゃん事件」にさかれていました。小原保(萩原聖人さん)との取調室でのやりとりは、迫力もあり、特に萩原聖人さんは好演だったと思います。一緒に観ていたうちの母は、はじめて名前を覚えたそうです。

 小原の故郷でのアリバイをひとつ、ひとつ確認して、調べていくくだりなどとても丁寧に作っているなあと感じました。ただ、ときどきカメラを斜めにして撮っているところは、心理状態を表したかったのかもしれませんが、あまり効果があったとは思いませんが。

 昔、NHKで平塚八兵衛が小原を取り調べた時に録音した実際のテープを流したドキュメンタリーを見たことがありますが、その時になんでそんなテープが残っていたのか不思議だったのですが、声紋鑑定をするためだったことも昨日のドラマでわかりました。事件については、本田靖春の「誘拐」(ちくま文庫)が詳しいです。これも名著です。

 母や父にとっては、出てきた事件はすべてリアルタイムで知っているものばかりだったので、特に感慨深げのようでした。

 そうそう、鬼平ファンの両親に、また7月にあることを伝えたら、楽しみしているようでした。近くなったらリマインドしなきゃ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

刑事一代平塚八兵衛 [テレビ]

 第1部が先ほど終わりました。
 いやあ、面白かったです。渡辺謙さんの平塚八兵衛は、もちろん、いいのですが、脇が充実しています。中年男性俳優、大集合といった感じで、小さな役でも、おおっという人が出ていています。
昭和の事件史ということですから、今日は、「帝銀事件」「そごうデパート警備員殺人」そして「吉展ちゃん事件」に入ったところで、明日へ続くです。
 その中の「警備員殺人」のところで、私のよく知っているお店がロケで使われて出てきたのには、驚いてしまいました。神田にある甘いもの屋さんなのですが、料理屋として。おまけに屋号までそのまま。ただ、場所は、新橋になっていましたが。建物が戦前からのものなので、使うのに都合がよかったのでしょうか。よく使わせたものです。店の中もそのままちらっと映りました。

 それにしても男優さんって、みんな、刑事の役は板に付くんですね。
 明日も楽しみです。

タグ:渡辺謙
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
テレビ ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ